不妊治療費支援事業

宮崎県不妊治療費支援事業について

宮崎県では令和5年4月1日以降に開始した体外受精又は顕微授精等による不妊治療のうち保険適用後の自己負担分及び保険診療による生殖補助医療と合わせて行なった先進医療について、費用の一部を助成します。

支援対象となるのは、令和5年4月1日以降に治療を開始した県内在住で不妊治療(保険適用)を受けようとする方々です。申請には領収書が必要となります。領収書の保管を必ずお願いいたします。尚、領収書の再発行は行っておりません。予めご了承ください。具体的な補助内容や申請方法については、宮崎県のホームページにてご確認ください。

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenkozoshin/kurashi/hoken/20231102172424.html

当院にて申請書類をお持ちになる時に必要なもの

・宮崎県不妊治療費支援事業受診等証明書(治療ごとに1枚)

・領収書

上記を必ずお持ちください。

お受け取りまでに2週間程度時間を頂戴しております。

【1通につき2200円】

※書類お預かりに領収書等確認事項があります。

お時間に余裕を持って診療時間内にお越しください。

不妊治療は体にも心にも負担がかかるものです。当院では、この支援事業を通じて、少しでも患者さんの負担を軽くしたいと考えています。皆さまの妊娠・出産の夢を叶えるお手伝いができるよう心を込めてサポートさせて頂きます。

PAGE TOP