不妊治療について

不妊治療をお考えの皆様へ

ひとりで悩んでいらっしゃいませんか?


【当院の考え方・方針】
私たちは、当院を受診して頂いた一人でも多くの方にお子様を授かって頂きたいと考えています。どうぞ、ご相談ください。

不妊治療は検査をして原因が分かれば妊娠できる、原因としてはっきりしたものがなければ妊娠できる、というものではありません。検査は、異常の有無を見つけるためではなく、どこから治療を始めるのかという指標と考えて頂いた方がよいと思います。その上で治療のレベルを上げて(ステップアップ)いくことで妊娠に繋げることが大切です。

自然な形の妊娠を望まれる方も多くいらっしゃいますが、妊娠を考える女性の高齢化から卵の老化(卵の質の低下)もあり、先へと治療を進めなければ妊娠が難しい場合も多くあります。また、肥満などの生活習慣病や喫煙習慣などは、赤ちゃんを育む環境として問題がありますし、リスクを伴う場合もあります。

当院では、体外受精コーディネーター・不妊カウンセラー・胚培養士が治療の支援を行います。必要な方には管理栄養士が食事管理や栄養指導を行い、皆様の治療のお手伝いをさせて頂きます。私たちの最終目標は、安全に妊娠して頂き、無事に出産されて元気な赤ちゃんを家に連れて帰って頂くことです。一緒に頑張りましょう!

※当院の方針として、生まれてくるお子様の法的地位の安定のために、人工授精以上の治療については、原則的に法的婚姻関係にあるご夫婦のみを対象とさせて頂いております。また、人工授精・体外受精については、治療ごとに同意書(ご夫婦の自筆のサインがあるもの)の提出と、年に1回のご夫婦の感染症のチェックをお願いしています。予めご了承ください。



受診に際して
分娩や搬送、救急外来により診察がストップすることがあります。お時間に余裕をもって来ていただくことをおすすめします。
予約優先での診察となります。予約がとれない場合は直接来院してください。インターネット予約についての詳細はこちら



受診当日用意するもの
・健康保険証
・当院診察券(過去に当院を受診したことのある方)
・記入済の問診票(印刷可能な方)
・紹介状(他院より転院の方)
・基礎体温表(あれば参考になります)

当日(初診時)にできる検査もあります。検査内容によりますが3千~1万5千円程度準備しておくと安心です。クレジットカードも利用できます。

不妊治療について

  1. 不妊治療をお考えの皆様へ

    不妊治療をお考えの皆様へ

    私たちは、当院を受診して頂いた一人でも多くの方にお子様を授かって頂きたいと考えています。どうぞ、ご相談ください。

  2. 同意書・申請書(書式ダウンロード)

    同意書・申請書(書式ダウンロード)

    治療に際しては、各種同意書及び申請書が必要になります。書類はこちらからダウンロードできます。

  3. はじめの一歩【検査】

    はじめの一歩【検査】

    不妊治療の最初の一歩である各種検査の内容をご案内しています。

  4. 電位治療

    電位治療

    新しい形のリラクゼーションチェアで、子宮卵巣周辺の血流が良くなり、子宮や卵巣の環境が良くなるという効果が期待されます。

  5. 一般不妊治療

    一般不妊治療

    不妊治療には「一般不妊治療」と「高度生殖補助医療」があります。ここでは「一般不妊治療」についておおまかに説明します。

  6. 高度生殖補助医療(ART)

    高度生殖補助医療(ART)

    ARTは、タイミング法や人工授精の治療を続けても妊娠しない場合や両側卵管閉塞・切除等ARTをする以外に妊娠を見込めない場合に適用されます。

  7. 凍結保存を希望される方へ

    凍結保存を希望される方へ

    当院では、精子・胚の凍結保存を行っております。ご希望の場合は、凍結保存更新の申請書を記入の上、外来診療時間内においでください。

  8. 治療スタッフ

    治療スタッフ

    コーディネーターが問診に沿って説明し、治療方針を決めるお手伝いをします。ご不明な点は主治医またはスタッフまでお気軽にご相談ください。

  9. 治療実績

    治療実績

    過去10年間で1,110人の方が当院の不妊治療で妊娠されました。2021年の妊娠数は102例でした!おめでとうございます!!

PAGE TOP